多毛症について

多毛症とは、軟毛が硬毛に変化する病気です。
軟毛は色が薄く、軟らかく、短く、細い毛で、硬毛は長く硬い毛で、色素を多く含んでいます。

多毛症になると、女性や子供でもまるで成人男性のように長く硬い毛になってしまうのです。ただし、毛が増えるわけではなく、あくまでも軟毛が硬毛になるということです。

ではなぜ多毛症になってしまうのでしょうか?

多毛症の原因としては、男性ホルモンが過剰に作られたり、男性ホルモンに対する反応性が高まってしまうことだといわれています。

男性ホルモンは、女性の場合、卵巣と副腎でつくられるので、卵巣または副腎の疾患によって、男性ホルモンが過剰になります。多嚢胞性卵巣症候群という病気が最も多い原因のようです。

また、全身投与する副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬のシクロスポリンなどの薬剤によって多毛になることもあります。

多毛症の症状としては、口のまわりの毛が太くなり、男性の髭のようになったり、胸毛、腕、大腿、下腿の毛も太い硬毛になります。

多毛以外にもにきび、壮年性脱毛症、月経異常、声が低くなるなどの症状が現れたりすることもあります。

治療法としては、卵巣、副腎、 下垂体かすいたいなどに原因となる疾患がある時はその治療を行い、それでもまだ多毛が残っている場合は、レーザー脱毛などを行います。

自分が多毛症ではないかと思ったら、皮膚科に行って正確な診断を受けることが大切です。